施工実績一覧 – ASJ大分別府スタジオ

施工事例

土間玄関の家

相良友也
相良友也建築工房
場 所大分県速見郡日出町
建築家相良友也
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真石井紀久

敷地は別府湾を遠くに見下ろす小高い丘の上、建て主のAさんご両親が整備された畑の片隅にあります。
Aさんとの家づくりは建築家展のイベント会場では無く、大分別府スタジオさんからの面談依頼からスタートしました。
Aさんからのご要望は、「小さくても質感の家」「木製の大きな窓が欲しい」「土間がとれたら」といったシンプルなもの。自然豊かな敷地に素直に応答していくことで、スムーズにこの家の方向性がきまっていきました。
またAさんご夫妻の好みと私の好みがとても近しく、沢山の打ち合わせはもちろん家具を一緒に見にいったり、様々なやり取り自体がとても心地よい楽しい時間だったことを今でも良く覚えています。
さらに、安心感のあるスタジオマネージャーが温かく見守ってくれるという、理想的な環境で家づくりは進んでいきました。
この家の特徴は大きなワンルームであるということ。
玄関の引き戸を開けると目の前には大きな土間と離れの和室、その奥に広間が繋がります。
その広間は水まわりや寝室、更に2階へと繋がります。
これらを可能にしているのが、昔ながらの障子による間仕切りと現代技術であるセルロースファイバーによる高断熱です。
通り抜ける風が心地良い季節は障子を開け放ち、空間を必要とする季節は障子を閉めることで空間効率を上げることができます。
そのような備えによって家の内部にも、敷地周辺の伸びやかな空気そのままの空間が広がっています。
これからAさんとこの家がどのように成長していくか、時間を置いてお邪魔するのが今からとても楽しみです。

ファミリーアイデアの家

西村友吾
ニシムラユウゴ建築アトリエ
場 所大分県別府市
建築家西村友吾
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真石井紀久

三方を道路に面しながら穏やかな佇まいの住宅地に建つ、4人家族のための住宅です。
風致地区により規定される建築可能範囲最大で25坪の正方形のボリュームを2層に配置し、道路に面する3面の中央を軒のある外部空間として切り欠くことで、街並みと正対せずに緩やかに繋がることを意図しました。
内部においては天窓から光が注ぐ吹き抜けホールを中心として、用途の異なる四隅の空間が建具を設けずに一体的に繋がり、余白となる外部空間を介して適度な距離感で家族観のコミュニケーションを促す構成となっています。
リビングは中2階の高天井とすることでより開放感を持たせながら、床下は大容量の収納として活用しました。
一体空間にシームレスな温熱環境をコントロールするため、高性能吹付断熱材及び全熱交換システムによる全館空調換気方式を採用しています。
お子様の体質に配慮した内壁珪藻土はクライアントと共に自主施工を行い、愛着の持てる味わい深い仕上がりとなりました。
適度に分節されながらもおおらかに繋がるしつらえすぎない空間は、将来における家族構成の変化や用途の変更などの多様化する住まいのあり方に柔軟に対応し得る持続可能な器となるのではと考えています。

古美術ギャラリーの家

高橋洋一
高橋洋一一級建築士事務所
場 所大分県由布市湯布院
建築家高橋洋一
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真石井紀久

建主との出会いは建築家展でした。
計画は土地探しからのスタートでし た。
いくつかの候補地から検討を重ね、今回の敷地で計画を進めることになりました。
敷地は湯布院の市街地を望める高台です。
建主は古美術商をされており、建物は古美術ギャラリーとの併用住宅です。
住宅の生活感をギャラリーの訪問客に感じさせないように配慮しました。
交通量の多い道路に面する場所でし たので、外観のデザインは屏風をイ メージした形状の外壁とし、通行者への アイキャッチとなるように計画しまし た。
この外壁には最小限の開口部としています。
唯一の開口部としてギャラリーのエントランスを入ると奥の芝庭に向けて視線が抜けており、ギャラリー内部は路地のような空間としています。
2階の住宅については中央にリビン グを設け各自の個室を両サイドに設けました。
細長い建物形状なので各部屋が外部に面しています。

 

東京→大分Uターンの家

村上治彦
一級建築士事務所村上建築設計室
場 所
建築家村上治彦
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真イクマサトシ(TechniStaff)

ペットと暮らすリノベ

金子由里子
由宇設計一級建築士事務所
場 所大分県別府市
建築家金子由里子
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真針金洋介

「広くワンちゃんと快適に暮らしたい」というクライアントさんの想いを受け、昔ながらのこまごまと分かれた和室だらけの平屋を、洋室二室とLDKにほぼ全面リノベし、外観の印象も変えたいとのことで、屋根と外壁もやり変えています。
テラスを介してリビングと書斎を配置し、より広く感じるようにしています。
また、リビングの屋根にハイサイドライトを取って、部屋の奥まで光が入るようにしています。
冬は、そこからの光を追いかけるように、ワンちゃんが移動してお昼寝をしていたそうです。
キッチン脇のワンちゃんお留守番コーナーは、キッチンから戸を引き出して、仕切りができる仕組みになっています。
床材は、ワンちゃんへの足の負担やお粗相を考慮し、クライアントさんといくつかサンプルにて検討して選定しました。
お引渡し後お会いした時、休日のお出かけは……という何気ない会話にて、「大好きな家で過ごします」とのこと。
うれしい一言でした。

廊下のない家

高橋洋一
高橋洋一 一級建築士事務所
場 所大分県別府市
建築家高橋洋一
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真石井紀久

敷地は別府市の温泉地にあり別府湾を望める場所でもあります。
新しく開発された団地入口の角という敷地条件から、プライバシーを確保する必要がありました。
そこで生活空間の主となるリビングスペースを二階に設けることによってプライバシーを確保し、リビングスペースから繋がるルーフバルコニーにより眺望を確保しました。
各部屋の配置を決めていく中で廊下の無い家」というご要望があり、玄関ホールと一体空間となるよう螺旋階段によって上下の空間を繋げました。
また、二階が跳ね出すことによって生まれる軒下空間と庭が一体的に利用できるようになっています。
内装は、できる限りシンプルにするため、一階は床・壁・天井全てを真っ白な仕上げとし、二階は床にブラックウォールナットの無垢フローリングを使用し、壁・天井については白く仕上げています。(高橋洋一)

路地のある家

福田哲也
株式会社アーキタンツ一級建築士事務所
場 所大分県別府市
建築家福田哲也
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真石井紀久

別府市の北側、亀川駅近くの区分宅地に計画されたこの住宅は、どの区画を購入するかから検討が始まりました。
ご要望(部屋数や必要駐車台数等)をお伺いして、最適な区画を検討。部屋数多いし玄関は中央の方が廊下が少なくて済むな、結構廻りの家が近いな、車2台かあ(それも1台は濡れずに&バイク)、BBQしたいなあ、子供たちがたくさん遊べる家・・・そうだ!路地を造ってし まおう、その上に大きなバルコニー乗せて。
ということで区画8に決定。
3方を道路に囲まれた区画に、車が通り抜けできる(ドライブスルー) 路地のような縦列駐車場を計画して、添わせるように長方形のBOX(住居)をシンプルに配置しました。
あとは大きなバルコニーを駐車場の上に乗せ、洗濯だって、BBQ だって、どんとこいという設えにしています。
バルコニーの支えを兼ねた壁を道路に沿って目隠し壁として延長。
壁のおかげでリビングは光を取り入れながらプライバシーを確保、バルコニー下はブランコを取り付け、車が無い時はブランブラン。
路地にはアスファルト敷きなので、チョークで落書き、昔懐かしケンケンパだってできちゃいます。
子供たちのはしゃぎっぷりは楽し みですが、飛び出しは危険。そこで路地出口には "とまれ" の白線文字をペイントしました。
家の内部も畳敷の小上がりや、身長を計る壁、ハンモックや御主人の書斎など家族の楽しみがいっぱいです。
そう言えば、夏の花火をビール片手にバルコ ニーから眺められるんじゃないかと言っていたけど、どうだったのかな?

 

施工事例03

場 所
建築家
施 工ASJ大分別府スタジオ(光綜合工業株式会社)
写 真